Home 最新情報

MINISO名創優品がベトナム市場に参入、2019年までに500店舗の出店を計画

Source:本站原创Read:621Date:2017-11-15

 

ベトナム統計総局の発表によると、2016年のベトナムの小売市場は、前年比10.2%増の1,180億ドルにのぼっている。ベトナムは、世界で最も魅力的なリテール市場ランキングでインド、中国、マレーシア、トルコ、サウジアラビアに次ぐ第6位にランクされている。大きな可能性を秘めたベトナムのリテール市場が、多くの企業の参入を呼び込む中、ジャパンデザイナーズブランドMINISO名創優品は、より多くのベトナムの消費者に「高品質で低価格」な製品を提供するため、ベトナムのリテール市場に本格的に参入を果たした。

 

MINISO名創優品の共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也、ベトナムの人気アイドルSon Tung MTP、ディレクター、ゼネラルマネジャー、ベトナム代表者らがカンファレンスに出席

 

20171028日、MINISO名創優品はホーチミンのGEMセンターでプロモーションカンファレンスを開催。MINISO名創優品の共同創始者兼チーフデザイナーの三宅順也、ディレクター、ゼネラルマネジャー、ベトナム代表者らがカンファレンスに出席した。三宅順也はスピーチの中で、「MINISO名創優品の「シンプル、ナチュラル、上質」というコンセプトは、たくさんのお客様から支持を得ている。これからも高品質で低価格なMINISO製品により、世界中のお客様が気軽にショッピングを楽しんでいただけるよう、努力し続ける。」と述べた。

 

      MINISO名創優品ベチネムプロモーションカンファレンスの様子

 

MINISO名創優品はこれまで、60以上の国地域の企業と戦略的パートナーシップ協定を締結し、創業からわずか4年の間に世界中で約2,000店以上を出店。2019年までに100カ国で10,000店を出店し、売上が150億ドルに達すると見込んでいる。現在ベトナムでは約30店舗をオープンし、2017年末までに50店舗、2018年までに300店舗、2019年までに500店舗の出店を計画している。世界で最も急速に経済が成長しているベトナムのリテール市場は、大きな可能性を秘めている。

 

MINISO名創優品プロモーションカンファレンスでの展示風景

 

プロモーションカンファレスでは、三宅順也がMINISO名創優品を代表してベトナム最大の不動産グループVincomeを含む、国内のデベロッパー数社と戦略的パートナーシップ協定を締結し、MINISO名創優品がこの国で成長するための強固な基盤を築いた。またブランドのスポークスマンとして、ベトナムの人気アイドルSon Tung MTPを起用することを発表。Son Tungは「私を通じて、ファッショナブルでデザイン性の高いMINISOブランドをベトナムの人々に広く知ってもらえることを願っています。」と述べた。

 

MINISO名創優品はブランドのスポークスマンとしてベトナムの人気アイドルSon Tung MTPを起用

 

カンファレンス期間中には、MINISO名創優品のベトナム初出店から1周年を記念したイベントが行われ、店舗はたくさんの買い物客で溢れていた。買い物客の多くは若者で、主に化粧品、デジタル製品、香水などが人気を集め、その他ではマスクの需要が高い。ベトナムのホーチミンは公共交通機関が整備されていないため、バイクを移動手段として使っている人が多く、排ガスから自分を守るためのマスクの需要が高くなっている。

 

MINISO名創優品は顧客のことを第一に考え、常にその国々の市場のニーズを満たす製品の開発に取り組み、「高品質で低価格」というコンセプトを多くの消費者に知ってもらえるよう尽力している。そしてこれからもMINISO名創優品は、グローバル事業を推進し、「若い世代の消費者に手軽にショッピングを楽しんでもらう」ために努力し続ける。