Home 最新情報

グローバル化の勢いが止まらない、MINISO名創優品がインドネシアでグローバルパートナーコミュニケーションミーティングを開催

Source:本站原创Read:996Date:2017-04-18

20173月30日、「商業不動産企業と未来の新しいリテール事業のウィンウィンな関係-2017年名創優品グローバルパートナーコミュニケーションミーティングがインドネシアのジャカルタにあるプルマンホテルで開催された。MINISO名創優品のグローバル創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、MINISO名創優品のグローバル共同創始者兼CEOであり新しい小売業の専門家でもある葉国富氏、150人以上のインドネシアの商業不動産事業者が参加した。MINISO名創優品のグローバルな成長の歴史を振り返り、その成果を共有した。友好的な交流と互に有益な協力関係のもとで、MINISO名創優品とパートナー企業が2017年の目標について確認した。


(写真:MINISO名創優品インドネシアパートナーコミュニケーションミーティングを開催、インドネシア市場に基盤を築く)

「小売業の冬の時代」という声が聞かれる昨今、王府井百貨店、大中百貨店、イトーヨーカドーなどの伝統的な大型小売企業の売上と営業利益が激減し、次々と閉店に追い込まれている。しかし、MINISO名創優品はそのような逆境を物ともせず、わずか3年の間に世界中で約2000店舗をオープンし、店舗数は今なお増え続けている。

最も注目すべきは、2016年は「中国実体経済の最も厳しい年」といわれ、各有名ブランドの売上が軒並み前年度を下回る中、MINISO名創優品は約15億ドルの売上を達成し、2016年に小売業の奇跡を起こしたことである。MINISO名創優品の急速な成長は、業績不振にあえぐ企業から羨望の眼差しを向けられている。


(写真:MINISO名創優品が数百人のパートナーを招待し、「経営の心得」について考察した)

有名な企業が経済の冬の時代」に直面し、苦戦を強いられる中創立わずか3年のMINISO名創優品がこの「冬の時代」に急成長を遂げることができたのはなぜか?この疑問多くの業界関係が持っていた。そして呉暁波のチームが自ら調査研究して作成された名創優品ノーシークレッツ》を出版し、その答えを本の中に記した。この会合で、インドネシアの代表らに同社の発展モデルと成功のポイント説明した。

MINISO名創優品は伝統的な小売業の常識をあえて破るブランドである。MINISO名創優品は創立以来、「若い世代の買い物のストレスを軽減し、顧客に幸福感を届ける」ことを目指してきた。そのため、顧客の生活の質を向上させる「高品質、創造的、低価格」という商品理念を常に掲げてきた


(写真:MINISO名創優品のパートナーはインドネシアの店舗を視察、消費者と直接触れ合った)

もうひとつ例をあげると商品開発の初期の段階でMINISO名創優品は顧客のニーズと好みを把握するために世界中の市場を調査する。そのため特別に200人以上の専門バイヤーを雇用した。彼らはすべての情報を集めてデザインチームに報告し、情報に基づく商品開発プランを作成するさらに、生産工程においても伝統を打ち破った各業界の優れたサブライヤーと協力し、大量仕入れと独自のサプライチェーンマネージメントシステムでコストを抑え、良質で低価格な製品を実現している。私たちの理解では、良質と低価格は相反するものである。しかし、MINISO名創優品の革新的な理論ではその2つを同時に可能にする。葉国富氏は、「名創優品の理念は、利益が少なくても人件費を抑えることはしない、価格が安くても質を落とすことはない。」と常々語っている。


(写真:三宅順也氏が交流会でスピーチ、再度ブランドのデザイン理念について語った)

交流会で三宅順也氏は、「デザインの目的は消費者の生活環境を変えることである。しかし、現在の小売市場には過度にデザインされたものが大量に溢れている。そんな中MINISO名創優品は、「シンプル、ナチュラル、上質」というデザイン理念を通して、健全な消費観念の確立をサポートする。同時に、デザインを通して全世界の消費者に自然でシンプルであることの重要性を伝えたい。そして手頃な価格で高品質な商品を提供し、買い物をする時に「高価なものではなく、正しい選択ができる」ように促していきたい。」と述べた。

インドネシアパートナー代表の1人は会合で、MINISO名創優品との協力関係は有力企業間の資源共有、利点の相互補完、連携の良い選択が可能になるだけでなく、長期的協力戦略的な決定でもある。そしてそれは、インドネシアの資源を融合し、インドネシアの小売業界の発展を促進するために極めて重要である。」述べた