Home 最新情報

MINISO名創優品がトルコで3店舗同時オープン、熱気にあふれる

Source:本站原创Read:1026Date:2017-03-14

 

ジャパンファストファッションデザイナーズブランドMINISO名創優品が2月28日にトルコでのはじめてのショップを3店舗オープンし、店内は多く買い物客で賑わったMINISO名創優品のグローバル創始者兼チーフデザイナーの三宅順也氏、グローバル共同創始者の葉国富氏、トルコAVEA Saglik社代表のOzgur氏、そしてトルコで大人気のGökhan Keserさんがオープンセレモニーに出席した。

(写真:MINISO名創優品がトルコで3店舗同時オープン、葉国富氏とトルコ代表)

葉国富氏がセレモニーで挨拶し、「まずは、たくさんお客様と政府のご支持に心から感謝いたします。」と述べ、次に「一帯一路構想を背景に、MINISO名創優品はトルコと戦略協力協定を締結し、みなさまの注目を集めました。そして、MINISO名創優品はお客様のニーズに応え、コストパフォーマンスにすぐれた商品をお届けします。そしてトルコでの出店はMINISO名創優品にとってたいへん重要なことであると考えています。新たなチームを立ち上げ、店舗選び、中長期計画の作成など、すべての事柄を細部まで追求して高めていきます。また、三宅順也氏はMINISO名創優品の『自然、あるがまま、本質回帰』というコンセプトについて語り、「『シンプル、ナチュラル、上質』な商品をトルコのお客様にお届けします。」と述べた。

オープン初日の店内は多く買い物客で賑わった。店内は白を基調とし、暖色系の照明があたたかい雰囲気を演出している。シンプルでナチュラルなデザインスタイルが多くの消費者の注目を集めた。店舗面積は約300平方メートルだが、化粧品から食品、生活雑貨など約3000種類の良質な商品がところせましと並んでいる。過剰な接客はなく、来店した買い物客が自由にショッピングを楽しめる雰囲気を作りだしている。

写真:MINISO名創優品の店内には多く商品が並び、高品質で低価格な商品が揃っている

トルコはヨーロッパとアジアにまたがる国であり、三方を黒海、地中海、エーゲ海にかこまれた風光明媚な場所である。またトルコ経済は急速な成長を遂げ、農業、繊維業、自動車産業などが経済の大きな柱となっている。トルコでの出店は、MINISO名創優品の上質で低価な商品を提供する一方で、トルコの豊かな資源と豊富な労働力を背景にした、新たなサプライヤーをみつけるチャンスでもある。MINISO名創優品はトルコにおいて、高品質な原料調達と生産体制を構築し、より安全で高品質な製品を生産するとともに、トルコの人々の快適な生活作りのサポートとトルコのさらなる経済成長を後押ししていく。

MINISO名創優品は「若い世代の消費者のニーズに応え、ひとりでも多くの方に満足感をお届けする」という考えを念頭に、MINISOが成長していくための重要な戦略のひとつとしてグローバル事業を推進してきた。株式会社 名創優品産業により20139月にMINISO名創優品は中国へ進出。『自然、あるがまま、本質回帰』というコンセプトと高品質で低価格な商品が多くの消費者の支持を得て、急速な成長を遂げている。これまでMINISO名創優品は世界各地で店舗を展開し、アメリカ、カナダ、ロシア、シンガポール、韓国、香港など40以上の国や地域と戦略的パートナーシップを締結。世界中に1800店以上の店舗をオープンしてきた。2016年、売上が1.5億ドルに達し、無印良品、ユニクロ、ワトソンズに「世界で一番怖い競争相手」と称されている。

(写真:MINISO名創優品では過剰な接客はなく、来店した買い物客が自由にショッピングを楽しめる

MINISO名創優品は今回のトルコでの出店により、ひとりでも多くの消費者に「上質で、洗練された、低価格」の商品を提供するとともに、トルコのさらなる経済成長を後押ししていく。トルコでの出店はMINISO名創優品のグローバル事業においてたいへん重要な一歩である。今後2020年までに世界中で6000店舗をオープンし、消費者の快適な生活づくりをサポートし続ける。